膀胱炎は市販薬の漢方(ボーコレン)で治す

以前も膀胱炎にかかった事がありました。

そのときは泌尿器科に行って薬を処方してもらい、一週間くらいで治ったと思います。

最近また、膀胱炎になってしまったのですが、仕事が忙しくて病院に行っている時間もなかなか無かったので、市販の薬で何とか治せないかと思い、ドラッグストアで探しました。

丁度、薬剤師さんがいたので相談してみると、小林製薬が出している膀胱炎の市販薬で「ボウコレン」という薬をすすめられました。

とりあえず服用してみたところ、2~3日で残尿感と痛みが良くなってきました。

頻尿もあったのですが、一週間位でスッキリと良くなって来たので、効果があったのでこの薬を服用して良かったなと思いました。

膀胱炎は結構ツライものなので、これからはかからないように、自分でも気をつけなくてはいけないと痛感しました。

仕事柄、どうしてもトイレに行く機会を逃してしまい、トイレを我慢してしまったりしたので、膀胱炎になってしまったのかと思います。

後は十分な水分補給と休息をしっかりと取ることも大切だと思いました。

今回は血尿は出なかったので、ボウコレンのような市販の薬でも何とか治りましたが、血尿や症状がひどくなるようなら、病院に行くことも必要だと思います。

(滋賀県 無限大さん)










膀胱炎の市販薬(漢方薬)

一度膀胱炎にかかると再発しやすいというのがこの病気の特徴で、膀胱炎に悩んでいる人がたくさんいらっしゃると思います。

かといって、膀胱炎になるたびに病院へ行く人はどれくらいいるのでしょうか?

経験上、また自然と治ると思うとつい、病院へ行くのも面倒になってしまうのは当然ですよね。

でも、膀胱炎はより早く治すにはやはり薬を服用するのが望ましいものです。

薬となれば、当然ながら薬局で販売されています。

では、膀胱炎の市販薬というものがあるのでしょうか?

薬事法の改正で現在抗生物質の販売はなされていません。

どうしても抗生剤がほしいと思う方は、病院へいって処方箋をもらうしか方法はありません。

ちなみに改定前は、抗生物質のナリジクス酸などが有名でした。

ということは、膀胱炎に効果のある市販薬はないということになるのでしょうか?

いいえ、実際に膀胱炎に効果があるという市販薬は複数あります。

それは漢方薬による市販薬です。

商品にはベアベリックス、クラシエ漢方猪苓湯エキス錠、五淋散料エキスなど。

漢方薬ですから、他の薬を服用している方でも併用して使えて安心です。

これら漢方薬は薬局ではもちろん、ネットでも簡単に購入することができますから、慢性的な膀胱炎にお悩みの方であれば常備薬として購入しておくことがお勧めです。

得に漢方薬のような効き目が緩やかな市販薬の場合、早期の服用が鍵を握りますので、膀胱炎かな?と疑いを持ったらすぐに服用できるようにしておきましょう。