膀胱炎の原因

誰にもなりうる病気、膀胱炎。

その膀胱炎の原因とは具体的にどんなものがあるのでしょうか?

一般的にはウィルスや細菌に感染することによって起こると言われています。

細菌といってもさまざまな種類が存在し、代表的なところでは腸球菌や、ブドウ球菌、セラチア菌、大腸菌などがあげられます。

特に大腸菌は膀胱炎の原因として約8割を占めています。

大腸菌は肛門から尿道に進入する形で悪さをするので、大便をした後のおしりの拭き方によっては膀胱炎になりかねないというわけです。

それ以外にも性交後に膀胱炎になるケースも上げられます。

よく言われるのがハネムーン膀胱炎というもので、旅先で楽しい反面、疲れがかなりたまっている状態でいると免疫力の低下が伺えます。

その際に性交することでたまたま尿道に細菌が入ってしまい、発症してしまうというもの。

そう考えると、膀胱炎は免疫力の低下によっては頻繁に起こりやすい病気と考えていいかもしれません。

昔からいわれるトイレを我慢すると膀胱炎になる。

という話ですが、実際はそれが原因で膀胱炎になるというのは難しいでしょう。

しかし、膀胱に尿をためることは膀胱炎を起こしかねない状態を作ってしまうということ。

尿自体にも微量ではありますが、細菌などが存在しています。

それをずっと尿にためておくことで発症する可能性は数%あるかもしれません。

こうして膀胱炎の原因を知ることで、どうすれば膀胱炎にならないのか考えると、細菌類が尿道に進入しないように清潔に保つことが、膀胱炎の予防となるのがよくわかります。