膀胱炎の症状

誰もが聞いたことがある膀胱炎。

知名度が高すぎるため、トイレを我慢している人がいたりすると「膀胱炎になっちゃうよ。」と簡単に使われる単語ともなっていますが、実はこの膀胱炎は怖い病気で、安易に考えていては大変なことになってしまう病気なのです。

膀胱炎の症状をまず確認しましょう。膀胱炎とは読んで字のごとく、膀胱が炎症を起こしてしまって起こる症状です。

膀胱炎の症状としてまず第一に挙げられるのが、頻繁にトイレに行きたくなる感覚です。

数分前にトイレに行ったはずなのに、また行きたくなってトイレに行ったのはいいけど、実際は尿がでなかった。

それが何度も続いてしまう。そうなってしまうと、学校や仕事においても落ち着かないですよね。排尿の感覚と戦って我慢するのもつらいものです。

それを通り越すと、今度は排尿時に痛みを感じたり、残尿感があったりします。どのような痛みかというと、排尿時にツーンとした痛み、きゅっと締め付けるような痛みなどがあるようです。

この時点でもう完全におかしいと気づけばいいのですが、それでも放っておくと、尿が白くにごったり、血尿になったり、発熱まで起こってしまいます。

普段の生活の中で排尿は何気に行っている行為ではありますが、膀胱炎にかかったことで、気持ちよく排尿できることがどれだけ大切なことが思い知らされたという人がたくさんいます。

重度の膀胱炎にならないためにも、先にあげたような症状になる前に、早めに医師に相談して治療することが肝心です。
膀胱炎は泌尿器科で診察、治療をしてもらえます。







出血性膀胱炎

膀胱炎の中でも出血性膀胱炎というものがありますが、これは大変怖い病気です。

膀胱炎ですから当然トイレがやたら近くあり残尿感があります。

また排尿時に痛みを伴いますので、違和感を感じます。

それに加え、排尿した尿に血液が混ざってくるような症状が出ます。

この出血性膀胱炎が起こる理由として、ウィルスが挙げられます。

そのウィルスの中でもアデノウィルスというものがあり、このウィルスで発症する出血性膀胱炎では発熱するケースが多く、高熱というより微熱が続くとあります。

出血性膀胱炎はウィルスによるケースがダントツではありますがそれ以外にも食物や薬によるアレルギーでも起こる可能性もあります。

出血性膀胱炎は病院にいって、医師に診断してもらい、原因が何か特定して治すのが理想的です。

しかし、原因がアデノウィルスか細菌かどちらか判断に苦しむ場合もあり、その際は細菌を疑って抗生剤を投与されることもあります。
とはいえ、病院に行けないまま自然に治ったという話もよくあります。

実際にこの出血性膀胱炎は自然に治るというのも特徴で、1週間~10日前後では血尿もなくなり、痛みや残尿感も次第に消えていきます。

というのもアデノウィルスの場合、効果のある薬がないため安静にすることが一番の治療となっています。

出血性膀胱炎は一度かかると、何度もかかりやすいという話もあります。

再発をしないためには、できるだけ普段から水分を取るようにすることが大切です。

それからトイレを我慢しないことがあげられます。