慢性膀胱炎

膀胱炎でもたちが悪いのが慢性膀胱炎。

これは膀胱の炎症が持続し続けるため慢性化してしまった膀胱炎のことを指します。

原因として挙げられるのはやはり細菌が膀胱内に進入することから発症します。

また単体の細菌だけでなく複数の細菌に感染していることもあるので、なかなか治らない場合もあります。

症状としては他の膀胱炎と同じように、頻尿、排尿の際の痛み、残尿感。下腹部の痛み、血尿などとあり、もぞもぞしてじっとしていられない状態になります。

これが当分続いてしまうのが慢性膀胱炎で、ある程度日数がたてば自然に治ってしまうものでもあります。

慢性膀胱炎の怖いところは、いったん症状が治ったらそれで終わりということではありません。又、突然発症するということ。

慢性化してしまい、ちょっと疲れたりストレスがたまったりすると発症しやすいともいいます。

もしも膀胱炎にかかってしまったと自覚したのなら、トイレに行きたいと思うときにはトイレに頻繁にいって、膀胱に負担をかけない、また細菌は体外に出しやすいように、水分を大目にとって尿を頻繁に出すようにすると早く回復するでしょう。

また慢性膀胱炎は男性よりも女性に発症する率が高いともありました。

男女の比率は1:9と断然女性の発症率が高いとデータがあります。

その理由としては、女性は尿道と肛門が近くにあるため、大腸菌などが尿道に入り込みやすいということがあるようです。

ですから、トイレに行った後はおしりの拭き方にも気をつけるようにしましょう。