膀胱炎を市販薬の腎仙散(ジンセンサン)で治しました。

注目

膀胱炎になり市販の薬で治しています。

私が一番最初の膀胱炎になったのは会社の健康診断がの時です。

病院で抗生物質薬を処方もらい、すぐに膀胱炎は治りました。

しかし、それ以降私は年に数回膀胱炎になるようになってしまいました。

少しお腹を冷やすとなるし、おしっこを我慢していると膀胱炎になるので結構大変でした。

膀胱炎になると膀胱が焼けるように痛いし、おしっこにすごい回数行きたくなるので仕事中などとても困りました。

そして病院に行って薬をもらいたくても仕事が忙しくて行く暇がないしノイローゼになりそうでした。

そんな時に薬局に市販の膀胱炎の薬がうっているかもと探しにいきました。

すると病院でもらうような薬はなかったものの腎仙散という漢方薬が売っているのを見つけました。

私は漢方は苦手で飲めないし、効き目も遅そうだなと思って迷いましたがそれしか市販薬はなかったので購入しました。

オブラートも一緒に購入しました。

この市販薬を実際に飲んでみると抗生物質のように1回では効かなかったですが、1日飲むとだんたん効いてきました。

これプラスして、温かい飲み物をたくさん飲むようにすると膀胱炎の治りが早かったです。

それ以来いつ膀胱炎になってもいいようにこの市販薬の腎仙散をいつも薬箱の中に入れています。

もし、膀胱炎の再発にお悩みの方は市販の腎仙散を常備薬にもっておくといいと思います。

(愛媛県 あゆみさん)










膀胱炎の初期症状に効く市販薬の『ジンフリック』

私は、仕事柄好きなときにトイレに行くことができないため、慢性的に膀胱炎に掛かるようになってしまいました。

放っておくと悪化して腎盂腎炎にまで発展してしまうことも度々…。

私の場合は、膀胱炎の初期症状として、とにかくトイレが近くなります。 

30分に一回ならまだしも、酷いときには5分に一回は尿意が襲ってきます。 

仕事中は、常に尿意を誤魔化し仕事にも集中することができません。 

プライベートで人と会う時や旅行中は仕方なく理由を告げ、何度も席を外したりトイレを探し回ることもあり、迷惑を掛けているなぁと気が重くなります。

なんとかしなくてはいけない、けれど病院に行く時間もない。

そんな時ドラッグストアで見つけたのが市販薬の「ジンフリック」でした。

服用しやすい錠剤で、値段は少し高いですが、病院に行くことができないことを思うと妥当な値段ではないかと思います。

薬の効果は、初めて飲んだ時は一回飲んだだけなのに、効果てきめんで驚きました。

症状が悪化しすぎていると一回、二回ではそう簡単に治りませんが、ちゃんと用法・用量を守れば二日もすれば良くなっています。

今では、私のお守りとして常に家にストックがあります。 仕事用の鞄にも忍ばせて、予兆があると飲んでいます。 

飲むタイミングに「食後」などの決まりが無いのもこの薬のいいところではないかと思います。

これからも使用していきたい市販薬の一つです。

一番いいのは、薬に頼らなくても大丈夫な健康体になることですけど!!(笑)

(静岡県 亜実さん)










膀胱炎は市販薬の漢方(ボーコレン)で治す

以前も膀胱炎にかかった事がありました。

そのときは泌尿器科に行って薬を処方してもらい、一週間くらいで治ったと思います。

最近また、膀胱炎になってしまったのですが、仕事が忙しくて病院に行っている時間もなかなか無かったので、市販の薬で何とか治せないかと思い、ドラッグストアで探しました。

丁度、薬剤師さんがいたので相談してみると、小林製薬が出している膀胱炎の市販薬で「ボウコレン」という薬をすすめられました。

とりあえず服用してみたところ、2~3日で残尿感と痛みが良くなってきました。

頻尿もあったのですが、一週間位でスッキリと良くなって来たので、効果があったのでこの薬を服用して良かったなと思いました。

膀胱炎は結構ツライものなので、これからはかからないように、自分でも気をつけなくてはいけないと痛感しました。

仕事柄、どうしてもトイレに行く機会を逃してしまい、トイレを我慢してしまったりしたので、膀胱炎になってしまったのかと思います。

後は十分な水分補給と休息をしっかりと取ることも大切だと思いました。

今回は血尿は出なかったので、ボウコレンのような市販の薬でも何とか治りましたが、血尿や症状がひどくなるようなら、病院に行くことも必要だと思います。

(滋賀県 無限大さん)