アレロックは花粉症に素早く効く薬

ある日、急に朝起きるとくしゃみがでて鼻水が止まりませんでした。

もしかして花粉症かなと思い病院に行くと花粉症だと言われました。

ほっておいてもダメなので、薬を処方してもらうことになり、アレロック錠を進められました。

アレルギーはもともと少しあったので、悩みましたがコスパも良くてアレロックのジェネリックもあるというので試してみることにしました。

とにかく花粉症は早く治さないと癖になるので朝鼻水が止まらなくて目もかゆくてどうしようもなくなります。

仕事柄デスクワークも多いので鼻水のおかげで下を向いてるのが苦痛でした。

早速朝ご飯の後に飲み始めました。

アレロックは錠剤なので簡単に飲み込めます。

最初は、少し眠気もありありましたが、次第に慣れてきました。

アレロックを飲み始めて3日くらいで、鼻水は止まり目もかゆくなくなりました。

花粉症が治ったと思うくらいでした。

お医者様に数回行くとアレロック錠は、ヒスタミンの受容体をブロックしてアレルギーの諸症状の発現を防ぎ効果があると聞きました。

花粉症の症状に対して即効性もあり満足でした。

早めに病院に行って、花粉症の症状が出る前から予防服用する事は大事だと思いました。

ひどくなると皮膚までかゆみが出ると聞きましたがそこまではなっていませんでした。

アレロック錠は口の渇きもあると説明されましたが、それはありませんでした。

少し最初は眠気がひどかっただけで、車の運転は控えて通勤は自転車にしました。

朝と寝る前にアレロック錠を飲むだけですので、飲むのを忘れることもありませんでした。

アレロック錠は、鼻づまり、蕁麻疹の症状の緩和にとても効果的です。

アレロック錠のジェネリックでも開発され安く薬代も済ませられて安心です。

朝起きて、鼻水が止まらないと思ったら花粉症の疑いなので、病院に行ってアレロック錠処方お勧めです。

(大阪府 ももきんさん)




耐性ができちゃう??クラビット体験談

私はもともと、風邪は喉からくるタイプです。

医療機関に勤めていたときは、しょっちゅう風邪をひいていたので、本当はいけないんですが、ひきかけの時に飲むように風邪薬を常備していました。

大体葛根湯と抗生剤を持っておくと大丈夫だったんですが、そういう場合に先生が処方してくださるのはいつもクラビットでした。

逆に本当に風邪をひいて、高熱が出たりとか、こじらせて長引いたりすると、ジスロマックなどの他の処方が出されました。

クラビットは、最初は250㎎のものを一日1~2回で処方されたと思います。

でも、耐性ができちゃうんでしょうか?

そのうちに250㎎では効きが悪くなりました。

そんな時、倍の500㎎を処方されることがありました。

確か、たまたま250㎎の在庫がなかったんだと思います。

そして、飲むときは半分に割って250㎎分を飲むように言われました。

でも、飲み切る前に治ってしまい、余ったので、次の時に、その残薬を500㎎のままで服用しました。

(本当は残薬があってはよくないし、勝手に飲むのはいけないことだとわかっていますが、毎回のことなのと、立ち仕事なので少しでも業務に支障が出ないようにしたかったので…)

そのせいもあってか、500㎎分を一度に服用すると、すぐに治り、逆に250㎎ではなかなか治らないという状態になってしまいました。

副作用などは特にありません。

クラビットは、私が勤めていた医院では一番よく出る抗生剤でした。

投与量を慎重にされる先生だったので、一番やさしいお薬なのかな、と思った記憶があります。

風邪のときだけでなく、いろんな炎症反応に対しても処方されることがあり、汎用性の高いお薬なんだなぁと思いました。

(兵庫県、のっこさん)




ジスロマックは色んな細菌に適応

ジスマロックは、細菌を殺菌する薬です。

最近が原因の色々な病気に使います。

色々な細菌に有効なので、幅広く使われています。

細菌の蛋白質の合成を阻害することで増殖を抑えます。

特徴としては、マクロライド系の抗生物質なので、グラム腸性菌には割とよく効きます。

ただ、効き目の悪い耐性菌も出ています。

ですが、アレルギーを起こすことは少なく、作用時間はとても長いです。

1日1回3日間の服用で、同類の薬を7~14日間使用した場合と同じような効果を得ることが出来ます。

また、薬の飲み合わせによる相互作用は少ないです。

もちろん、持病やアレルギーのある人はあらかじめそれを医師に伝えてください。

アレルギーを起こすことが少ないとはいえ、やはり注意は必要です。

他にも、心臓病や重い肝臓病がある人も慎重に使用してください。

普通は、飲み始めてから数字で治ってきます。

ですが、尿道炎と子宮頸管炎の場合は数週間かかることもあります。

また、まれなケースではありますが、めまいや意識障害を起こすこともあります。

中途半端な飲み方をすると逆に病原菌が抵抗力をつけてしまうこともあるので、自分の判断で用量を減らしたり、途中で中止してはいけません。

原因菌を完全に死滅させることが大事なのです。

赤ちゃんがこの薬を飲むと、副作用として下痢をしやすくなるかもしれません。

軽ければ問題ありませんが、酷い症状が続く場合は病院に行ってください。

その他にも重い副作用は、不整脈や大腸炎などがあります。

(宮城県 潤子さん)

ジスロマックは海外からの個人輸入で購入することができます。
購入はあくまで個人で利用する範囲で、自己責任で購入することになります。

ジスロマックの通販(個人輸入)はこちら




膀胱炎の予防にクランベリーのサプリメントを摂るようにしています

ずっと前に聞いたことがあったのです。

膀胱炎には、クランベリーがいいと聞いたことがあったのです。

だから私はO.W.H.クランベリーを摂るようになったのです。

それは小さな粒のサプリメントなのです。

一日にたったの三粒を飲むだけでいいのです。

これが膀胱炎の症状を緩和してくれるのです。

これは大好きなオーガニック原料を使用しているので、安心して飲む事ができるのです。

まずくもないし、すんなりと飲む事だってできてしまうのです。

膀胱炎の症状がなくなったらやめるのではなくて、日頃からクランベリーを摂るって大事なのです。

だから私はそれ以来、ずっと毎日飲んでいます。

そのおかげで今では、膀胱炎になた気がしません。

以前は何度もトイレに行って、外出中は大変でした。

トイレに行ったのに、また行きたくなって周りからは不思議がられていました。

それが恥ずかしくて、どんどん外出する機会も減っていったのです。

友人と会う機会も、少なくなったのです。

それも全部私が膀胱炎だったからです。

でも病院に行かなくても、このO.W.Hのクランベリーのおかげで、ここまでよくなったのです。

毎日快適に生活ができるようになったのです。

サプリメントがここまで優秀とは知りませんでした。

母乳出ない