膀胱炎を市販薬の腎仙散(ジンセンサン)で治しました。

注目

膀胱炎になり市販の薬で治しています。

私が一番最初の膀胱炎になったのは会社の健康診断がの時です。

病院で抗生物質薬を処方もらい、すぐに膀胱炎は治りました。

しかし、それ以降私は年に数回膀胱炎になるようになってしまいました。

少しお腹を冷やすとなるし、おしっこを我慢していると膀胱炎になるので結構大変でした。

膀胱炎になると膀胱が焼けるように痛いし、おしっこにすごい回数行きたくなるので仕事中などとても困りました。

そして病院に行って薬をもらいたくても仕事が忙しくて行く暇がないしノイローゼになりそうでした。

そんな時に薬局に市販の膀胱炎の薬がうっているかもと探しにいきました。

すると病院でもらうような薬はなかったものの腎仙散という漢方薬が売っているのを見つけました。

私は漢方は苦手で飲めないし、効き目も遅そうだなと思って迷いましたがそれしか市販薬はなかったので購入しました。

オブラートも一緒に購入しました。

この市販薬を実際に飲んでみると抗生物質のように1回では効かなかったですが、1日飲むとだんたん効いてきました。

これプラスして、温かい飲み物をたくさん飲むようにすると膀胱炎の治りが早かったです。

それ以来いつ膀胱炎になってもいいようにこの市販薬の腎仙散をいつも薬箱の中に入れています。

もし、膀胱炎の再発にお悩みの方は市販の腎仙散を常備薬にもっておくといいと思います。

(愛媛県 あゆみさん)










アレロックは花粉症に素早く効く薬

ある日、急に朝起きるとくしゃみがでて鼻水が止まりませんでした。

もしかして花粉症かなと思い病院に行くと花粉症だと言われました。

ほっておいてもダメなので、薬を処方してもらうことになり、アレロック錠を進められました。

アレルギーはもともと少しあったので、悩みましたがコスパも良くてアレロックのジェネリックもあるというので試してみることにしました。

とにかく花粉症は早く治さないと癖になるので朝鼻水が止まらなくて目もかゆくてどうしようもなくなります。

仕事柄デスクワークも多いので鼻水のおかげで下を向いてるのが苦痛でした。

早速朝ご飯の後に飲み始めました。

アレロックは錠剤なので簡単に飲み込めます。

最初は、少し眠気もありありましたが、次第に慣れてきました。

アレロックを飲み始めて3日くらいで、鼻水は止まり目もかゆくなくなりました。

花粉症が治ったと思うくらいでした。

お医者様に数回行くとアレロック錠は、ヒスタミンの受容体をブロックしてアレルギーの諸症状の発現を防ぎ効果があると聞きました。

花粉症の症状に対して即効性もあり満足でした。

早めに病院に行って、花粉症の症状が出る前から予防服用する事は大事だと思いました。

ひどくなると皮膚までかゆみが出ると聞きましたがそこまではなっていませんでした。

アレロック錠は口の渇きもあると説明されましたが、それはありませんでした。

少し最初は眠気がひどかっただけで、車の運転は控えて通勤は自転車にしました。

朝と寝る前にアレロック錠を飲むだけですので、飲むのを忘れることもありませんでした。

アレロック錠は、鼻づまり、蕁麻疹の症状の緩和にとても効果的です。

アレロック錠のジェネリックでも開発され安く薬代も済ませられて安心です。

朝起きて、鼻水が止まらないと思ったら花粉症の疑いなので、病院に行ってアレロック錠処方お勧めです。

(大阪府 ももきんさん)




リンパマッサージがむくみ解消に効きます。

むくみは、飲み過ぎた翌朝なんかによく起きると言われていると思います。

これは、分かりやすい例ですよね。

アルコールは、純粋な水分とはちょっと違いますけれど、結局は、不要なものが体内に残っているから、むくんでしまうんですよね。

むくみを予防するには、寝る3時間前ぐらいから出来るだけ水分を摂らないようにするのが一番近道です。

とは言っても、一切何も飲まないというのも、やはり考えものです。

人は寝ている間に、コップ一杯以上の汗をかくと言われていますから、やはりある程度の水分は取らないと、反対に脱水症状になってしまいます。

つまり、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。

取り過ぎはダメっていうことです。

でも、どれだけ注意していても、体調不良などで浮腫んでしまうことはありますよね。

むくみを防ぐには、水分や要らないものをきちんと体の外に出せていればむくみはいきないんですから、その手助けをしてやればいいんです。

顏のリンパマッサージが、小顔効果があるというのは、良く知られていると思いますけど、手足にもこれは効きます。

手や足のリンパは、それぞれの付け根にあります。から、そこへ向けてリンパ液を流してやればいいんです。

ただし、リンパマッサージは、皮膚がヘコむほどギュッと力を入れたりするのは絶対に禁物です。

掌が皮膚の上を滑る程度の力で、サーッと撫でるようにするのがコツです。

腕なら、手首から肘に掛けて、肱川脇にかけてと2回に分けて裏表ともに3回ずつぐらい、ゆっくり静かにさするようにすれば充分です。

足も同じで、足首から膝まで、膝から足の付け根までを腕を同じようにやればOKです。

肝心なのは、マッサージの終着点である脇や足の付け根に掌が辿りついた時だけ、少しだけ力を入れてグッと押す様にすれば、リンパはキチンと流れてくれます。

ちょっと疲れて体調が思わしくない時などに、お風呂や寝る前にこれをするだけで、翌朝のむくみはグンとましになりますよ。







膀胱炎は漢方薬の桂枝茯苓丸で治す

みんさんはこのような膀胱炎などの病気になった経験はあるのでしょうか?

私は以前に本当に初期の症状があって本当にわからなくてほっておいて、どんどん症状が悪化して行って何か病気になっているのではと思って病院で泌尿器科に行って築いたことがあるのです。

膀胱炎は特に女性は置きやすいですよね、特に男性に比べて膀胱線の長さが男性に比べてかなり短いので頻尿になりかけたりまたすぐに尿をもよおしそうになったりします。

特にこの膀胱炎は最少は出にくかったりまた尿がでてもなにかまだだしきっていないような不快感がのこることがいつもあるのです。

また痛みがでたり時には熱間があったりするのが、症状として出てきます。

またなかなか疲れがとれなかったり倦怠感などの症状も見逃してはいけません。

痛みは私の場合はあり特に尿を出すときにいたむこともありました。

そこでロキソニンなども飲みましたが一瞬は良くなるのですがなかなか改善されませんでしたので、医者にみてもらいまずは尿検査をしてレントゲンを撮ってみると炎症がおきていました。

でも手術とかではなくて漢方薬である桂枝茯苓丸が処方されました。

もともと生理や月経不順にもだされるみたいですが炎症をしずめたり利尿効果をあげたりしてかなり改善はされまして、すっきりしました。

(兵庫県 あっきーさん)




膀胱炎の初期症状に効く市販薬の『ジンフリック』

私は、仕事柄好きなときにトイレに行くことができないため、慢性的に膀胱炎に掛かるようになってしまいました。

放っておくと悪化して腎盂腎炎にまで発展してしまうことも度々…。

私の場合は、膀胱炎の初期症状として、とにかくトイレが近くなります。 

30分に一回ならまだしも、酷いときには5分に一回は尿意が襲ってきます。 

仕事中は、常に尿意を誤魔化し仕事にも集中することができません。 

プライベートで人と会う時や旅行中は仕方なく理由を告げ、何度も席を外したりトイレを探し回ることもあり、迷惑を掛けているなぁと気が重くなります。

なんとかしなくてはいけない、けれど病院に行く時間もない。

そんな時ドラッグストアで見つけたのが市販薬の「ジンフリック」でした。

服用しやすい錠剤で、値段は少し高いですが、病院に行くことができないことを思うと妥当な値段ではないかと思います。

薬の効果は、初めて飲んだ時は一回飲んだだけなのに、効果てきめんで驚きました。

症状が悪化しすぎていると一回、二回ではそう簡単に治りませんが、ちゃんと用法・用量を守れば二日もすれば良くなっています。

今では、私のお守りとして常に家にストックがあります。 仕事用の鞄にも忍ばせて、予兆があると飲んでいます。 

飲むタイミングに「食後」などの決まりが無いのもこの薬のいいところではないかと思います。

これからも使用していきたい市販薬の一つです。

一番いいのは、薬に頼らなくても大丈夫な健康体になることですけど!!(笑)

(静岡県 亜実さん)










膀胱炎は市販薬の漢方(ボーコレン)で治す

以前も膀胱炎にかかった事がありました。

そのときは泌尿器科に行って薬を処方してもらい、一週間くらいで治ったと思います。

最近また、膀胱炎になってしまったのですが、仕事が忙しくて病院に行っている時間もなかなか無かったので、市販の薬で何とか治せないかと思い、ドラッグストアで探しました。

丁度、薬剤師さんがいたので相談してみると、小林製薬が出している膀胱炎の市販薬で「ボウコレン」という薬をすすめられました。

とりあえず服用してみたところ、2~3日で残尿感と痛みが良くなってきました。

頻尿もあったのですが、一週間位でスッキリと良くなって来たので、効果があったのでこの薬を服用して良かったなと思いました。

膀胱炎は結構ツライものなので、これからはかからないように、自分でも気をつけなくてはいけないと痛感しました。

仕事柄、どうしてもトイレに行く機会を逃してしまい、トイレを我慢してしまったりしたので、膀胱炎になってしまったのかと思います。

後は十分な水分補給と休息をしっかりと取ることも大切だと思いました。

今回は血尿は出なかったので、ボウコレンのような市販の薬でも何とか治りましたが、血尿や症状がひどくなるようなら、病院に行くことも必要だと思います。

(滋賀県 無限大さん)










膀胱炎の症状

誰もが聞いたことがある膀胱炎。

知名度が高すぎるため、トイレを我慢している人がいたりすると「膀胱炎になっちゃうよ。」と簡単に使われる単語ともなっていますが、実はこの膀胱炎は怖い病気で、安易に考えていては大変なことになってしまう病気なのです。

膀胱炎の症状をまず確認しましょう。膀胱炎とは読んで字のごとく、膀胱が炎症を起こしてしまって起こる症状です。

膀胱炎の症状としてまず第一に挙げられるのが、頻繁にトイレに行きたくなる感覚です。

数分前にトイレに行ったはずなのに、また行きたくなってトイレに行ったのはいいけど、実際は尿がでなかった。

それが何度も続いてしまう。そうなってしまうと、学校や仕事においても落ち着かないですよね。排尿の感覚と戦って我慢するのもつらいものです。

それを通り越すと、今度は排尿時に痛みを感じたり、残尿感があったりします。どのような痛みかというと、排尿時にツーンとした痛み、きゅっと締め付けるような痛みなどがあるようです。

この時点でもう完全におかしいと気づけばいいのですが、それでも放っておくと、尿が白くにごったり、血尿になったり、発熱まで起こってしまいます。

普段の生活の中で排尿は何気に行っている行為ではありますが、膀胱炎にかかったことで、気持ちよく排尿できることがどれだけ大切なことが思い知らされたという人がたくさんいます。

重度の膀胱炎にならないためにも、先にあげたような症状になる前に、早めに医師に相談して治療することが肝心です。
膀胱炎は泌尿器科で診察、治療をしてもらえます。







出血性膀胱炎

膀胱炎の中でも出血性膀胱炎というものがありますが、これは大変怖い病気です。

膀胱炎ですから当然トイレがやたら近くあり残尿感があります。

また排尿時に痛みを伴いますので、違和感を感じます。

それに加え、排尿した尿に血液が混ざってくるような症状が出ます。

この出血性膀胱炎が起こる理由として、ウィルスが挙げられます。

そのウィルスの中でもアデノウィルスというものがあり、このウィルスで発症する出血性膀胱炎では発熱するケースが多く、高熱というより微熱が続くとあります。

出血性膀胱炎はウィルスによるケースがダントツではありますがそれ以外にも食物や薬によるアレルギーでも起こる可能性もあります。

出血性膀胱炎は病院にいって、医師に診断してもらい、原因が何か特定して治すのが理想的です。

しかし、原因がアデノウィルスか細菌かどちらか判断に苦しむ場合もあり、その際は細菌を疑って抗生剤を投与されることもあります。
とはいえ、病院に行けないまま自然に治ったという話もよくあります。

実際にこの出血性膀胱炎は自然に治るというのも特徴で、1週間~10日前後では血尿もなくなり、痛みや残尿感も次第に消えていきます。

というのもアデノウィルスの場合、効果のある薬がないため安静にすることが一番の治療となっています。

出血性膀胱炎は一度かかると、何度もかかりやすいという話もあります。

再発をしないためには、できるだけ普段から水分を取るようにすることが大切です。

それからトイレを我慢しないことがあげられます。







慢性膀胱炎

膀胱炎でもたちが悪いのが慢性膀胱炎。

これは膀胱の炎症が持続し続けるため慢性化してしまった膀胱炎のことを指します。

原因として挙げられるのはやはり細菌が膀胱内に進入することから発症します。

また単体の細菌だけでなく複数の細菌に感染していることもあるので、なかなか治らない場合もあります。

症状としては他の膀胱炎と同じように、頻尿、排尿の際の痛み、残尿感。下腹部の痛み、血尿などとあり、もぞもぞしてじっとしていられない状態になります。

これが当分続いてしまうのが慢性膀胱炎で、ある程度日数がたてば自然に治ってしまうものでもあります。

慢性膀胱炎の怖いところは、いったん症状が治ったらそれで終わりということではありません。又、突然発症するということ。

慢性化してしまい、ちょっと疲れたりストレスがたまったりすると発症しやすいともいいます。

もしも膀胱炎にかかってしまったと自覚したのなら、トイレに行きたいと思うときにはトイレに頻繁にいって、膀胱に負担をかけない、また細菌は体外に出しやすいように、水分を大目にとって尿を頻繁に出すようにすると早く回復するでしょう。

また慢性膀胱炎は男性よりも女性に発症する率が高いともありました。

男女の比率は1:9と断然女性の発症率が高いとデータがあります。

その理由としては、女性は尿道と肛門が近くにあるため、大腸菌などが尿道に入り込みやすいということがあるようです。

ですから、トイレに行った後はおしりの拭き方にも気をつけるようにしましょう。







膀胱炎の原因

誰にもなりうる病気、膀胱炎。

その膀胱炎の原因とは具体的にどんなものがあるのでしょうか?

一般的にはウィルスや細菌に感染することによって起こると言われています。

細菌といってもさまざまな種類が存在し、代表的なところでは腸球菌や、ブドウ球菌、セラチア菌、大腸菌などがあげられます。

特に大腸菌は膀胱炎の原因として約8割を占めています。

大腸菌は肛門から尿道に進入する形で悪さをするので、大便をした後のおしりの拭き方によっては膀胱炎になりかねないというわけです。

それ以外にも性交後に膀胱炎になるケースも上げられます。

よく言われるのがハネムーン膀胱炎というもので、旅先で楽しい反面、疲れがかなりたまっている状態でいると免疫力の低下が伺えます。

その際に性交することでたまたま尿道に細菌が入ってしまい、発症してしまうというもの。

そう考えると、膀胱炎は免疫力の低下によっては頻繁に起こりやすい病気と考えていいかもしれません。

昔からいわれるトイレを我慢すると膀胱炎になる。

という話ですが、実際はそれが原因で膀胱炎になるというのは難しいでしょう。

しかし、膀胱に尿をためることは膀胱炎を起こしかねない状態を作ってしまうということ。

尿自体にも微量ではありますが、細菌などが存在しています。

それをずっと尿にためておくことで発症する可能性は数%あるかもしれません。

こうして膀胱炎の原因を知ることで、どうすれば膀胱炎にならないのか考えると、細菌類が尿道に進入しないように清潔に保つことが、膀胱炎の予防となるのがよくわかります。